【YouTube】長崎くんち 銀屋町 鯱太鼓 2014年

YouTubeゲーム貴族チャンネルに「長崎くんち 銀屋町 鯱太鼓 2014年」動画を公開しました。

長坂に響く太鼓の響きと担ぎ手達の威勢のよい掛け声、そして金色に輝く鯱を載せた太鼓台を担ぎ上げて走ったり廻ったり、高々と投げ上げて片手で受け止めるという派手なアクションがとても盛り上がり、長崎くんちの奉納の中でも屈指の人気をほこります。姿を見せなくても宝来鯱の声が聞こえてくるとムズムズと血が騒ぐ。同じ担ぎ物ののコッコデショが五色の彩度の高い装飾や少年の采振りが走り回ったりと華美でオーバーアクションなのに対して、こちらの鯱太鼓はきらびやかであるけれど据え太鼓の奉納とか少し落ち着いた力強さを前面に押し出したイメージ。そんな銀屋町の鯱太鼓ですが、素晴らしさはもう皆さんご存知だし動画を見れば一目瞭然、いや、現場で生で見るのが一番なんですけど、今年は平日でなかなかおくんちを見られなかった方も多かろうということで私も動画をアップ。
銀屋町の奉納で私がすごく好きなのが傘鉾。銀屋町のこの傘鉾の上に載ってる鯱が極上だと思います。水中から飛び出して天に登らんとする鯱、こう、体をよじって水面叩いて飛び上がるのかと。ヒレもね、水を掴み漕ぎ払うかのような絶妙なカーブに空気を切り裂くような鋭さ。アラカブ釣ったときにさ、その針のような尖ったヒレで刺されたりするじゃない?下手に触れたら怪我しそうなそんな鋭さを感じる。あと、鱗とかも実に精緻でね、このびっしり並んだ一部の隙もない鯱もね、鱗一枚一枚にまで力入れてグワッと気合入れて天に昇ろうとしてるんじゃないかとそこまで神経使って作られてるように感じるんですよ。銀色の水面の乱れ様とか水飛沫の表現とかもう凄いとしか言い様がない!!銀屋町ってかつては銀細工師の町であったと聞きます。さすがって感じですね。(鯱といえばシャチホコで尾張名古屋との関係とか伝説の女流細工師亀女とか日本最初の職業写真家上野彦馬も元は銀屋町出身?だとか、この町は長崎のテクノクラートの町だったのではないかと興味がつきませんね!)

【銀屋町鯱太鼓のギャラリー】

【参考リンク】
2007年、前回の鯱太鼓

■長崎くんち『銀屋町鯱太鼓』(公式HP)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

【YouTube】長崎くんち 五島町 龍踊り 2014年

2014年長崎くんちの動画「長崎くんち 龍踊 五島町 2014」を【YouTube】へアップしました。

五島町は龍踊りを奉納。長崎にはくんちで龍踊りを奉納する町が籠町はじめ複数存在します。それぞれの町に特徴がありそれを見比べるのもくんちの楽しみの一つ。
五島町の龍踊りを初めて見たとき龍衆が棒を突きあげて伸び上がるように舞う様が印象深く、以来「高さのある舞を奉納する五島町」というイメージを持っています。2014年では会場でも解説されていましたが青龍の頭を操る方が豪腕の持ち主で片腕だけで高々と龍の頭を振り上げて喝采を浴びていました。
また、今年から白龍が新たに追加されそれに伴い青龍と白龍の演技が違っていたりと新たな演出、試みがなされ長坂を大いに沸かせました。(個人的にはお囃子の少年たちが見せるステップが好き)
あと、この五島町の傘鉾がすごく好き。飾りが秋の白菊と薄に虫篭。今にも鈴虫や蟋蟀の声が聞こえてきそう。おくんちのシーズンである秋といえば紅葉を持ってきてお祭りだし賑やかに派手にやりたくなるところなんだけど、あえて白菊に薄、虫篭でまとめて静かな秋の風情を感じさせる辺りが非常に品のある傘鉾だと思うんですよ。おまけにこの飾りの虫篭が二つとも形が違っていて、とてもいい形をしてる。そしてこの静かな傘鉾の後に激しい龍踊りが出てくるというコントラスト!グッと来ますね!!

【五島町の龍踊ギャラリー】

【参考リンク】
■2008年 五島町 龍踊

■五島町龍踊(公式HP)http://www.jaodori.ngs.jp

カテゴリー: イベント, おくんち, ローカル, 未分類, 長崎 | タグ: , , , , , , , | コメントする

【YouTube】長崎くんち 本石灰町(もとしっくいまち) 御朱印船とアニオーさんの行列 2013年

 2013年長崎くんち、「長崎くんち 本石灰町 御朱印船とアニオー行列 2013年」をYouTubeゲーム貴族チャンネルにアップしました。

 大航海時代の長崎は本石灰町(もとしっくいまち)の人、荒木宗太郎は秀吉からの朱印状を携えてアジアを股にかけて海外交易に乗り出した冒険商人!

 特にベトナムでは王の信任も篤くついにはその功績が認められベトナムの王族の姫君アニオーと結婚、姻戚関係を結ぶまでになり、宗太郎はアニオー姫を伴って長崎に帰国。長崎港に着いたアニオー姫の持参品とその行列は非常に豪華で本石灰町の宗太郎の家から長崎港まで続くとても長い行列になったといいます。その様子があまりにもゴージャスであったためそれ以来長崎市民たちは豪華な様を「アニオーさんの行列のごたる(まるでアニオー姫の行列のようだ!)」と表現するようになったと言われています。

 この「アニオーさんの行列のごたる」はテレビでくんちの中継番組では定番の解説で、その度にテレビを見ながら「いまどきそげんとくんちの時しか聞かんばい!(いまどきそんな言葉長崎くんちの時期にしか聞きませんよ!)」とツッこむまでがデフォルトですが、海外交易の窓口として栄え目の肥えていた当時の長崎市民をして驚嘆させ方言にその名を残し今だにくんちの題材として取り上げられるアニオーさん、また宗太郎とアニオーさんはとても仲睦まじかったと(それを証明するエピソードを聞きませんが)言い伝えられており、アニオー姫は長崎市民に「さん」づけで呼ばれるほどに親しまれ愛されています。そんな縁で駐日ベトナム大使も本石灰町の奉納に参列、傘鉾入場時に挨拶に立たれました。
 
 その冒険商人荒木宗太郎とベトナムの姫君アニオーさんとの婚礼をテーマにした奉納がこの本石灰町の「御朱印船とアニオーさんの行列」です!
 望遠鏡を覗き込む荒木宗太郎とアニオー役の子どもたち、特にアニオーさんのベトナム風の扇子を翻すご挨拶とかとってもかわいい。アニオー行列にはベトナムの楽団が参加、ベトナムの民族音楽をバックにベトナムの美しい女性たちが民族衣装に身を包み舞踊を披露し本石灰町のめんめんが練り歩きます。
 

 本石灰町の傘鉾は飾りに瓢箪と朱印状、垂はアニオー行列の刺繍。瓢箪はもちろん朱印状の許可を与えた太閤秀吉の暗示ですね!瓢箪を二つ配したのは宗太郎とアニオーさんの夫婦の寓意でしょうか。この傘鉾が回ると垂らした四色の組紐が広がってなかなかに美しい。


 10月7日午後の長坂での動画です。庭先回り〜傘鉾〜行列〜船廻しとひと通り収めました。
 冒頭庭先回りで映されるのは荒木宗太郎が御朱印船に掲げた旗です。東インド会社のマークを逆さまにしたマークを宗太郎は掲げていたといいます。なぜ逆さまのマークを使っていたのか謎ですが海賊対策で「東インド会社の船では?」と海賊を惑わすためであったのではないかと言われています。

 御朱印船の船廻しでは、今年は龍囃子にアレンジを加えお囃子を「石灰囃子」にグレードアップ。演出に静と動のメリハリをつけて前回の奉納から更に完成度をあげて長坂を沸かせました。
 「エイ、オー!」の掛け声で前進後退を繰り返して停止、静寂から次第にテンションを上げて一気に回転する石灰囃子の骨太のビートが一瞬にして長坂を大航海時代の大海原に叩き込む。

 超美麗な朱鷺をあしらった衣装に身を包んだ根曳衆による豪快な御朱印船の船回しをとくとご堪能あれ!!(個人的には踊馬場から最初に退場しようとするとき静かに帰ろうとする演出が好き。もっともその後「もってこい」が掛かって踊馬場に戻るのだけど。)

 そういえばこの御朱印船の重量は5トンだそうです。長崎くんちでは「船の重さは5トンたい。なんでかて言えばお諏訪さんの階段ば降りるときゴトンゴトンて音のすっけん(船の重量は5トンです。何故ならば船が諏訪神社の参道の階段を引き下ろされるときに車輪がゴトンゴトンと音をたてるからです)」という定番のギャグがあるので船の重さは5トンと答えるのがお約束なのですが、この御朱印船は本当に5トンらしいです、長崎新聞やオフィシャルのHPにも書いてあったから多分本当(いや長崎人だからそこも含めてお約束を書いてるかもしれないけど)。

 あと、根曳衆の衣裳も素晴らしいのだけれど他の本石灰町のめんめんの衣裳もベトナムの民族衣装で揃えていて素晴らしい。特にアオザイ、アオザイは良いですねアオザイ


 小屋入り、打込み この打ち込みの時お囃子が変わってて「おや?」っと思ったのを思い出しました。

 長崎の歴史といえば徳川幕府による鎖国後の海外に対する唯一の窓口として出島や唐人屋敷あたりがよく注目されるんですけど、鎖国以前の長崎の商人たちが自ら船出していたという長崎代官村山等安とか末次平蔵が活躍したちょっとカオスな時代の長崎も魅力的だなってこの本石灰町の奉納を見て思ったのでした。

■参考動画

 2006年の御朱印船 今年との演出の違いが良くわかります。「静かに帰る」のはこの時からやってます。

■参考リンク
本石灰町御朱印船2013・・・くんち踊り町本石灰町のオフィシャルサイト
長崎新聞・・・御朱印船の紹介記事

カテゴリー: おくんち, ローカル, 映画・動画, 長崎 | タグ: , , , , , , , | コメントする

【YouTube】長崎くんち 船大工町 川船 2013年

 2013年長崎くんち、船大工町の川船の動画をYouTubeゲーム貴族チャンネルにアップしました。

 船大工町と言えば上棟式を模した輪のない傘鉾が有名、当日は風が強かったので背が高く扇などの風を受けやすいデザインのこの傘鉾が、倒れはしないかとヒヤヒヤしましたが軸のぶれない激しい舞を踊馬場で披露しました。
 川船は船頭さんによる網打ちが披露されました。緊張感あふれる網打ちでしたが見事一網打尽!そして軽快で激しい船回しに何度も何度ももってこ〜い、よいや〜の声がかかり長坂は大いに盛り上がりました。


 一回目の網打ちで失敗したときに「波!はよう入れろ!!」「台風で時化とっけんしょんなか!(台風が来て時化で荒れているから魚が捕れないのも仕方がない)」と野次が飛び根曳が慌てて魚を網に入れてやるシーンが微笑ましい。
 川船の船を曳く大人たちは根曳衆と呼ばれ、川船はその波に荒々しく翻弄されながら進むという設定です、そう根曳達は波なのです。だから根曳衆の衣裳は波があしらってあります。この網打ちでは網がうまく広がらずに魚を逃しそうになったけど波がたまたま魚を網に押し込んだと、そう解釈するのです。二回目ばっちり網打ちを決めた船頭さんが*ずっきゃんきゃん(肩車)されて退場するときのガッツポーズと緊張のとれた笑顔が良いですね!
 この船大工町の船廻し、廻すときに采振りの采の動きに合わせて若干外側に頭を振りながら進んで旋回気味に回転するので大きめの半径で廻ります。そのため非常に勢いがあり、長坂も割れんばかりの「ヨヤセッ!」の掛け声で大いに盛り上がりました。

*ずっきゃんきゃん
長崎の方言で肩車の意。長崎くんちの演し物でかつて勝山町の大薩摩等の山と呼ばれる高さ三メートルにも及ぶ中国や阿蘭陀のオブジェを担いで練り歩く通り物があり(参考 長崎県物産館 秘蔵!長崎くんち絵巻【e-ながさきどっとこむ】http://www.e-nagasaki.com/shops/books/00051102/)、そのBGMが「ずっきゃんきゃん♪」という鉦の音であった。そこから長崎の人たちは肩車を大薩摩に見立ててその囃子の音色「ずっきゃんきゃん」と呼ぶようになった。とかいうようなことをどっかで聞いた。


 船大工町の傘鉾は大工にちなんで棟上げがテーマで輪が無く長崎くんちの傘鉾の中では珍しいスタイルです。輪を無くして飾り部分を屋根に見立てて上棟式を演出する発想の自由さ!また飾部分には諏訪住吉森崎の長崎の諏訪神社に祀られている神々の紋章がさりげなく意匠されています。なんて良く出来た傘鉾なんでしょうか!!
 この背の高い傘鉾が回り垂が広がるととても迫力があります。この動画でもあまりの勢いの良さに会場もヨイヤーと賞賛の声が上がり盛り上がりを見せています。


 長崎くんち 本石灰町と船大工町の小屋入り、打込み 2013

■参考動画

アーケードを練り歩く船大工町の傘鉾


傘鉾の輪舞曲(長崎くんち傘鉾動画集)


川船セット(川船動画再生リスト)


前回2006年の船大工町の川船の動画

カテゴリー: イベント, おくんち, ローカル, 長崎 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

【YouTube】長崎くんち 栄町 阿蘭陀万歳 長崎音頭 2013年

 2013年長崎くんち 栄町 阿蘭陀万歳 長崎音頭の動画をYouTubeゲーム貴族チャンネルにアップしました。

 長崎を訪れた二人のオランダ人(才蔵と万歳)が生計を立てるため、三河漫才を真似て正月門付けをしながら踊っていた、すると長崎の教会の鐘が鳴り、それを聞いた二人は思わず故郷を思い出してしまう・・・、そんな物語。

 これまた長崎らしい演目のひとつ阿蘭陀万歳!エキゾチックな衣装に身を包み萬歳と才蔵という二人が緩急にとんだ愉快な楽曲に合わせて飛んだり跳ねたり走ったりしゃがみ込んだり、表情豊かにコミカルに舞う姿は本邦の舞踊のイメージを吹き飛ばす。

 この演目は長崎を訪れた人たちに強烈なインパクトを与え、龍踊や鯨の潮吹きと並んで昔からファンも多く長崎くんちの象徴的な奉納踊りの一つとして数えられてきました。エキゾチックで楽しくそれでいてそこはかとなく哀愁を漂わせるこの阿蘭陀万歳はまさに長崎そのものです。
(作られたのは長崎ではないそうですが 参考 阿蘭陀万歳とは?→http://kotobank.jp/word/%E9%98%BF%E8%98%AD%E9%99%80%E4%B8%87%E6%AD%B3

 栄町の傘鉾 秋の紅葉に白菊、大きな大和絵を描いた貝合わせの貝を四枚飾りに載せ、輪は天鵞絨、一本垂らした赤い組紐がアクセントで舞うとこの赤い紐が外に開いて動きを感じさせます。紅葉の脇の白菊や貝の配置が絶妙、重心が取りやすいのかよく回る傘鉾ですが佇まいは非常に雅やかです。

 長崎くんち 栄町 阿蘭陀万歳 長崎音頭 青い衣裳に鍔広の帽子、髭を生やして鷹揚な動作で少し威張っているのが萬歳、黄色の衣装に赤いほっぺ鼓を持ってコミカルな動作を見せるのが才蔵。この二人が胡弓を絡めた独特の音楽に乗せて舞う、楽しい舞踊なのですが望郷の念に駆られる二人の異人というストーリーに胡弓の調べがからんでどことなく哀愁を漂わせる部分があります。また今回は長崎くんちでは初めての男性二人による阿蘭陀万歳の奉納で話題を呼びました。

 栄町の所望踊りは長崎音頭とぶらぶら節。長崎音頭は個人的にはすごく好き。「ありゃさっさ〜」とか掛け声かけたりするとことかたかまる。この所望踊りでは栄町の子どもたちが掛け声かけてますけどこれがまた可愛らしくて楽しかった。
あとね町娘さんたちがとても綺麗で可愛いですね、主役は萬歳と才蔵なんですけど町娘さんたちが可憐で良かった。それとガネ髪の唐子女の子たちによる龍踊に見立てた舞も良い、胴潜りもやっちゃうんですよ素晴らしい。今年は龍踊り無いんですけどここで龍踊りが見られました。あ、町娘(和)・唐子(華)萬歳と才蔵(蘭)で和華蘭揃いました!!

 10月7日前日、陽もだいぶ傾いて夕刻の奉納です。傘鉾から所望踊りまでひととおり収めました。所望踊りのぶらぶら節で萬歳と才蔵がハタ揚げをして一杯引っ掛けてフラフラになるシーンとか楽しくて好き。

栄町の小屋入り、打ち込みの様子。当日は生憎の天気でしたがお母様方や子どもたちの着物の素晴らしいこと!

■参考動画

 新橋町の阿蘭陀万歳


 7年前、前回の栄町の阿蘭陀万歳

■参考リンク
読売新聞の記事から・・・「栄町 初の男性コンビ注目集める」

カテゴリー: イベント, おくんち, ローカル, 映画・動画, 長崎 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする