愛し君へ

買い物をしようとウチの前の坂を下っていると、撮影機材を持った一団が坂を占拠していた。構わず坂を下ろうとすると、撮影隊のスタッフが「すみません、ご迷惑をおかけします」と言う。そのまま坂を下り、その一団を抜けると、坂の下には近所のオバチャンが居て撮影隊を見上げて俺に話しかけた。
「あら、見なったね?菅野ちゃんよ。解夏(げげ)の撮影ばしよっとよ。」
「ナニ?菅野?!」驚いてオレは坂の上を見上げた。沢山のスタッフが坂の途中で待機する中、水色の服を着た女性が坂を駆け降りてくる姿がチラリと見えた。
「あれがもしかして、慶応遊撃隊の蘭未ちゃん?」
慌てて撮影隊が居る坂とは別の坂を通って自宅へ戻り、カメラを片手に現場へ!しかし、撮影は終了、撤収してるトコでした…。
itosi01.jpg
月曜九時、フジテレビ4月からの新番組、「愛し君へ」は、さだまさし原作の長崎を舞台にした小説「解夏(げげ)」をドラマ化したもの。オレが遭遇したのは、まさにその、「愛し君へ」の撮影現場だったのだ。小説「解夏(げげ)」は既に映画化されており、涙なくしては見れないと大評判、特に長崎では。
映画では石田ゆり子、大沢たかおというキャスティングであったが、この月9のドラマでは菅野美穂、藤木直人というキャスティングで設定も微妙に変えて、ヒロイン側からの視点を中心に描くという。
そんなわけで、このドラマのためにフジテレビは長崎ロケをやってるという。今日はウチの近くだけではなく、夜は眼鏡橋がある中島川でも撮影があった。


itosi02.jpg
川沿いと橋の上に大勢のエキストラを配し、石橋の上にカメラを設置しての撮影。どうやら夏の灯籠流しのシーンらしい。夏のシーンなのでエキストラの方々は半そで。三月とはいえ寒そうだった。
橋の上ではエキストラに対して「花火のシーンですから、皆さん見上げて下さい!」などとメガホンで指示が飛んでいた。
itosi03.jpg
中島川でも「いざ、菅野さんを撮らん!」と意気込むも、沢山のスタッフに阻まれ、おまけに「撮影はしないで下さい!カメラ没収しますよ!」などとわりと本気で叱責され、断念したのでありました。
まあ、とにかく4月からのこのドラマには期待しよう!
【参考リンク】
「愛し君へ」プレ・サイト(フジテレビのプレ・オフィシャルサイト、予告編などが見られる)
朝日生命保険相互会社 菅野美穂の窓(菅野美穂出演のポスター・CMが見られる)

コメント

  1. タップ より:

    菅野美穂ぐらい撮ってもいいじゃん。
    へるもんじゃなし。
    ねぇ。

  2. 長崎人 より:

    第一回放送見ましたが、長崎が写ったのは前半二十分だけでショックを受けました。浜口駅が写ったのはいいとして、他はもうただの観光名所で、写って嬉しい場所も特にありませんでした。まぁ少しでも長崎がイメージアップしてくれればなぁとか思う今日この頃です。

タイトルとURLをコピーしました