【YouTube】長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き) 2013年

 2013年長崎くんち万屋町の鯨曳き(鯨の潮吹き)の動画をYouTubeゲーム貴族チャンネルにアップしました。

「シーボルト慶賀ともなひ人垣にまじらひ見るかこの鯨ひき-佐佐木信綱」

 この鯨の潮吹きは安永5年(1776年)、当時万屋町に滞在していた唐津呼子の鯨組の頭領中尾甚六という人が勧めて万屋町の演し物となったといいます。実に200年を超える歴史を持つ演し物ですが、今年はこの鯨曳きを伝えた中尾氏の子孫の14代目の当主の方が奉納を見に来ていたそうです。

 この演し物のテーマは捕鯨です。行列の構成は始めにソロバンや帳面、鯨肉が続き、そして子どもたちが乗る船は銛を装備した捕鯨船です。鯨の後にお囃子の楽隊が乗り込んでる小屋のような曳き物は納屋で、いわゆる鯨組の基地。そしてこの鯨は奉納の歌にもあるようにセミクジラであろうと思われます。真っ黒いずんぐりとした巨体に二本付きだした尻ビレ、赤く大きな口、頭部のケロシティ、そしてユーモラスな目。なんともかわいい。

先曳の行列の捕鯨船団の子どもたちの衣装がまた素晴らしい。鯨漁の漁師たちも当時は銛一本で命がけで鯨に挑んでいたんだろうなあ、それで仕留めたら鯨油、鯨髭、肉、鯨一頭七浦潤うというくらいだから相当な稼ぎになったんだろうなあと。そして帳面や肉や納屋などの道具、捕鯨船の装備、捕鯨が組織だったひとつの産業であったこと、西海捕鯨華やかなりし頃のそんな歴史を感じさせます。

 この凝った衣装にユーモラスなデザインの鯨、背中から潮を吹くギミック。これらの他に類を見ない演出は非常に印象深く龍踊、コッコデショに並ぶくんちの白眉として非常に高い人気をもち愛されています(そういえば昔鯨の潮吹きの最中があったよね)。

長崎くんち 万屋町 傘鉾

ひゅんっと突き上げた組鰹と積み上げた角樽の高さに衝撃を受けます。また垂の魚づくしの刺繍の見事なこと!!

長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き)諏訪神社前日朝

ヨッシリヨイサの掛け声が非常に盛り上がります。船頭の少年が歌った後にあわせてヨッシリヨイサの掛け声をかけるとことかとても昂揚する。

長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き) 2013年

長崎くんち 万屋町 小屋入り、打込み 2013

潮を吹きあげ会場を暴れまわる鯨が愛おしくてたまらない!
この鯨曳きに日本人の鯨への愛を感じて
あ、ちなみに長崎は鯨肉の消費量日本一だそうです。

■参考
長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き)2006【高画質版】

前回、7年前の鯨曳き

カテゴリー: イベント, おくんち, 映画・動画, 長崎 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。