長崎ランタンフェスティバル(4)

sou04.jpg
長崎ランタンフェスティバルも終盤にさしかかり、夜にもなれば、イベントとランタンに飾られた街を見物するために、沢山の観光客が各会場にあふれる。新地中華街、湊公園、唐人屋敷辺りの混雑ぶりには驚いた。湊公園なんて、いつもは将棋をうつオジサンと鳩くらいしかいないのに…。さて、そんな喧噪から離れて、このランタンフェスティバルで最も美しいと思われる所をご紹介。それは「崇福寺(そうふくじ)」。崇福寺は唐の坊さん超然が建立した黄檗宗のお寺。


sou02.jpg
朱色に塗られたこのお寺は昼間に来ても独特のカタチの門が面白い。そしてこのランタンフェスティバルの期間中は境内いっぱいにランタンが吊され、来場者達の頭上を覆う。
sou01.jpg
ココ、崇福寺では他の会場のようにイベントが開催されたりはしないんだけれども、静かでとてもいい雰囲気なのだ。新地中華街や浜町アーケードの飾り付け、湊公園のランタンオブジェも綺麗ではあるけれども、春節を祝うというのなら、やはり本物の唐寺にお参りしておくべきであろう。ランタンフェスティバル、実はこの崇福寺こそが大本命。

コメント

タイトルとURLをコピーしました